沖縄県立南部農林高等学校

食品加工科2年生 発酵・醸造食品実習

          食品加工科

    2年生 発酵・醸造食品コース 科目「発酵・醸造食品」

            ロールパン製造実習!




微生物の「酵母」を活用した食品である「パン」。

今回は、「ロールパン」の製造法を学びました。

いちから手ごねでパンを作るのが初めての生徒もいて、頑張っていました!!

令和元年度中学1・2年生対象体験入学

 
10月3日(木)に行われる中学1・2年生対象の体験入学を受け付けています。
 
詳しくはコチラ

環境創造科1-4校外学習(建設現場におけるドローンによる空中撮影見学)

9月10日(火)の測量の時間に沖縄県測量建設コンサルタンツ協会主催のドローンによる空中撮影の見学に行ってきました。

 

 

  

 

   

場所は現在建設中の南部東道路建設現場で、この道路は南城市の知念・佐敷・玉城の島尻東地域から大里を経由して南風原町の那覇空港自動車道を結ぶ総延長7.4㎞に及ぶものです。ドローン見学ではドローンによる測量の簡単な説明を受け、その後、実際にドローンの操縦も行い、今後の進路を考える際にも参考になりました。

生物資源科2・3年生 「畜産」「植物バイオテクノロジー」 実習風景

生物資源科 植物コースの「植物バイオテクノロジー」の授業では、「ラン」の培養実習を行います。培養したランは、鉢植えにして販売したり、装飾に使用します。


コチョウランの苗が成長してきたので、少し大きいサイズのポリポットに植え替えをする実習を行いました。根を傷つけないように、丁寧にミズゴケを根に巻き付けて、植え替えを行いました。開花まで2年程度かかります。2年生の卒業式の頃には咲くかな?


苗を取り出した、培養用三角フラスコの洗浄実習を行いました。

 培地の成分をしっかり洗い流さないと、培養苗の腐敗、またはガラス器具の劣化など、様々な問題があります。生徒みんなで集中して、綺麗にフラスコを洗いました。

 洗い終えたフラスコは「純水」をかけて、水道水を洗い流します。

 水道水には様々なミネラル成分が含まれており、ガラス器具を水道水が付着した状態で乾燥させ続けると、ガラスの表面にミネラルの結晶が固着してしまいます(白く曇ってくる)

 これを防ぐために、バイオ実験で使用するガラス器具には「純水」をかけて、乾熱滅菌機で乾燥させます。

 実習で行うこと1つ1つには、それぞれ必ず「意味」があります。

 南部農林高校では、生徒に実習の意味を説明し、理解させてから実習を行います。

 意味を理解することで、生徒は集中して目の前の実習に取り組むようになるのです。

生物資源科2・3年生 「畜産」「植物バイオテクノロジー」 実習風景

生物資源科 畜産コースの「畜産」の授業では、育てた豚の解体と加工の実習を行います。


豚の枝肉を、部位毎に切り分けます。結構、力が必要な実習です。2年生は、習いたてです。


3年生は、手慣れた手つき!先生の指示を待つことなく、どんどん切り分けていく様子は、職人技!


この後、ハンバーグやハム、ベーコン、てびち、などに加工して販売しました!

定期的に行っている「南農市」で販売していますので、皆さん、来てください!

生物資源科1年生 農業と環境 実習風景

生物資源科1年生の「農業と環境」の授業では、野菜の栽培と鶏の飼育を学習しています。

  採卵鶏ヒナの、お引越しをします       上手に捕まえましたね!  

    引っ越し完了です!

 

 鶏は成長するにつれて、強い個体が弱い個体を「つつく」習性があります。これを放置すると、つつかれた鶏の傷口を見つけた他の鶏がつつき、やがて死んでしまいます。

次に新たな弱い鶏がつつかれて、次々に死んでしまいます。

 なので、ある程度大きくなってきたら、つつき合いをさせないように「ゲージ」の中で飼育をする必要があります。(ヒナの段階で、くちばしを切る「デビーク」という実習も行います)引っ越しの理由を理解した1年生は、鶏を追いかけて、捕まえて、ゲージの中に入れていました。

  

  

焼き芋用品種のサツマイモ「ちゅらまる」に栽培学習も行っています。

6月に植え付けた「ちゅらまる」の苗は・・・


  大雨の日に植え付けました          植え付け実習、頑張りました☆

  

9月には、こんなに大きく成長しました! でも、もっと葉の勢いをつけたい・・・

即効性の「液体肥料を作って、散布しよう!」

葉に勢いをつけるため、液肥を散布します。希釈倍率を計算して、みんなで作ります☆彡

  与えすぎると、葉だけが成長して芋がつかなくなる「つるぼけ」という現象が起きてしまうことを学習しました!

  

  ジョウロで、丁寧に施肥を行いました

葉を大きくして、光合成を促し、芋を大きくさせることを学びました!

食物調理技術検定1級 実技試験が行われました

生活科学コースフードデザイン専攻3年生を対象に、食物調理技術検定試験1級の実技試験が行われました。食物調理技術検定1級は、筆記試験(調理・食品衛生等に関する)と調理の実技試験(テーマに応じた献立作成と調理)からなります。

一学期からコツコツと地道に取り組んだ成果を発揮し、全員合格できますように・・!!

 

 

食品加工科 2年生 食品加工コース 食品製造

    食品加工科

年生 食品加工コース 科目「食品製造」

スポンジケーキ製造実習!

 

 


洋菓子の基本である「スポンジケーキ」作り。

今回は、「共立て法」での製造法を学びました。

どの生徒も真剣そのもの!カッコイイ!!

生物資源科 植物資源コース 室内園芸装飾技能検定3級に挑戦!

 

 

 

空港やホテルなどに、ランや観葉植物などで美しく飾られている「インドアガーデン」。

この室内園芸装飾に関する知識と技術を認定する国家資格があります。

それが「室内園芸装飾技能検定」です。入門編の3級から、高度な技術を要する1級まであります。

今回、生物資源科植物資源コース2年生の10名が3級に挑戦しました。

与えられた図面通りに、枠を作成し、植物を配置しますが、アレカヤシの植え替え、葉や枝の剪定、清掃など、基本的な園芸に関する知識と技術が無ければ時間内に完成させることは難しい検定です。

生徒たちは4月から授業を通して練習と学習を積み重ねて7月の本番を迎えました。

結果は実技試験全員合格でした!

学科試験の発表はこれからですが、生徒はみんな一生懸命勉強していたので、きっと大丈夫でしょう! みんなドキドキしながら、発表の日を待っています(笑)

バイオテクノロジー部 夏研修合宿開催!

 

 

 

普段、芋の研究ばかりしているバイオ部。沖縄県大会で最優秀賞を受賞し、九州大会に出場するも惜しくも入賞ならず・・・。

その悔しい思いを晴らしたい!思いっきり夏休みを楽しみたい!

そこでバイオ部は夏休みの終わりに、一泊二日の夏合宿を行いました。国頭村の楚洲あさひの丘に宿泊しました。

大宜味村シークヮーサーパークでは、シークヮーサーの栽培から加工、販売までの6次産業の流れを説明してもらいました。(ジュースも飲ませて頂きました!ノビレチンで美容に良いらしいですよ!)

次に国頭村の比地大滝に行き、ハイキングを楽しみました!冷たい清流に足を浸して、気持ちよかったです!

夜はバーベキュー、花火、天体観測、そして遅くまで友達同士語り合い・・・

次の日の朝は、辺戸岬に行って、鹿児島県最南端の与論島を見に行きました。

最後に、国頭村安田にあるヤンバルクイナ生態展示学習施設「クイナの森」に行き、「くー太」君に会いに行きました。

つかの間の休息で心も体も休んだバイオ部のメンバーですが、新たな研究課題に向けて、着々と始動しています。

また、様々な研究発表会にも応募していこうと思っています。

農家の笑顔のために、沖縄の農業の活性化のために、これからもバイオテクノロジー部は、「ちゅらまる」の普及拡大に向けて、取り組んでいきます!


アーカイブ