沖縄県立南部農林高等学校

部活動/同好会の最近のブログ記事

放送部3年生による紙芝居

放送部3年生による紙芝居が行わました。

(携帯からの方はタイトルクリック!)バイオ部 沖縄青少年科学作品展に出展!

バイオテクノロジー部 沖縄国際洋蘭博覧会見学

第35回全国高等学校ウエイトリフティング競技選抜大会

環境創造科2年 知念育利 君

3月に石川県で行われる第35回全国高等学校ウエイトリフティング競技選抜大会へ沖縄県代表55Kg級として出場が決定しました。

「毎日練習を頑張ってつかんだ全国選抜大会なので、ベスト4を目指して頑張ります。」

南農バイオ部 OIST「第8回 SCORE!」出場!

バイオテクノロジー部 沖縄作物保護キックオフシンポジウム

バイオテクノロジー部 夏研修合宿開催!

 

 

 

普段、芋の研究ばかりしているバイオ部。沖縄県大会で最優秀賞を受賞し、九州大会に出場するも惜しくも入賞ならず・・・。

その悔しい思いを晴らしたい!思いっきり夏休みを楽しみたい!

そこでバイオ部は夏休みの終わりに、一泊二日の夏合宿を行いました。国頭村の楚洲あさひの丘に宿泊しました。

大宜味村シークヮーサーパークでは、シークヮーサーの栽培から加工、販売までの6次産業の流れを説明してもらいました。(ジュースも飲ませて頂きました!ノビレチンで美容に良いらしいですよ!)

次に国頭村の比地大滝に行き、ハイキングを楽しみました!冷たい清流に足を浸して、気持ちよかったです!

夜はバーベキュー、花火、天体観測、そして遅くまで友達同士語り合い・・・

次の日の朝は、辺戸岬に行って、鹿児島県最南端の与論島を見に行きました。

最後に、国頭村安田にあるヤンバルクイナ生態展示学習施設「クイナの森」に行き、「くー太」君に会いに行きました。

つかの間の休息で心も体も休んだバイオ部のメンバーですが、新たな研究課題に向けて、着々と始動しています。

また、様々な研究発表会にも応募していこうと思っています。

農家の笑顔のために、沖縄の農業の活性化のために、これからもバイオテクノロジー部は、「ちゅらまる」の普及拡大に向けて、取り組んでいきます!


第101回全国高等学校野球選手権大会沖縄大会開会式

6/22(土)沖縄セルラースタジアム那覇にて行われた開会式にて

野球部の大城優一朗主将が選手宣誓を行いました。

「3年生にとって集大成の夏、全力で白球を追いかけ、全身全霊で戦い抜くことを誓います」

と力強く先生しました。

  

  

23日に予定されていた初戦は7/2に延期となりました。

野球部・FFO大会選手推戴式

5/19(水)に全国高等学校野球選手権沖縄大会(6/22開幕)と沖縄県学校農業クラブ連盟(FFO)大会(6/27、28)に出場する選手を激励する推戴式が行われました。

    

    

野球の開会式(6/22)では、野球部の大城優一朗主将が選手宣誓を行います。

1回戦 vs宜野湾 6/23(日) 14:00沖縄セルラースタジアム那覇

FFO大会は本校と豊見城市立中央公民館にて行われます。

応援よろしくお願いします。

【生物資源科 バイオテクノロジー部】 第25回コカ・コーラ環境教育賞 次世代支援部門 最優秀賞受賞

生物資源科 バイオテクノロジー部

第25回コカ・コーラ環境教育賞 次世代支援部門 最優秀賞受賞

 生物資源科バイオテクノロジー部が、八重瀬町具志頭地区の芋農家と取り組んでいる甘藷の研究である、「甘藷ちゅらまる(ぐしちゃんいい菜)のバイオ苗に関する研究 ~優良苗の提供と地域普及を目指して~」が、この度、第25回コカ・コーラ環境教育賞次世代支援部門におきまして全国32団体の中から、最優秀賞に選ばれました。

 それに伴い平成31年2月に、沖縄県教育庁の平敷昭人教育長に受賞報告の表敬訪問をさせていただきました。

 コカ・コーラ環境教育賞の最終選考会は、昨年12月に北海道栗山町の雨煙別小学校で行われ、全国から最終選考にノミネートされた5校で最終プレゼンテーションが行われました。

 同時に全国から選抜された小学校、中学校、高校の児童生徒の皆さんと交流会を行ったり、雪合戦を楽しんだり、雪山の自然観察会を行ったりと、非常に楽しいプログラムでした。

沖縄コカ・コーラ会長より、盾と目録の授与

平敷昭人教育長に表敬訪問をさせていただきました

参加者全員で記念撮影

自然体験に出発

北国小学校の児童とコカ・コーラで乾杯!

初めての大雪に、みんな大興奮。部長は半袖ですが、気温は氷点下です。

公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団 佐々木理事長から最優秀賞を授与されました

最優秀賞受賞直後に行われた、最優秀賞チームのプレゼンテーション

受賞した2年生の仲村実優さんの感想

「最初は本当に受賞したのか信じられなかったです。でもそのおかげで何故このような賞をいただけたのかという疑問から、バイオ部が地域に与える影響、バイオ部の活動について深く考える事に繋がり、より研究に集中できるようになりました。

 今後は地域農家の収益向上、新規就農者の増加により地域の活性化を目標にして、バイオ苗の研究と、ちゅらまるの普及に頑張っていきたいです。」

同じく受賞した2年生仲村美咲さんの今後の目標

「今後は、バイオ苗のより効率的な生産体制確立の研究と、バイオ苗と従来の苗との大規模な比較栽培試験、また地域の女性部会と連携した芋の加工品作りの普及活動を行い、県産ちゅらまるの焼き芋が、もっと普及拡大するように活動していきたいです。」

 中学生の皆さん、南部農林高校生物資源科で、バイオテクノロジーの勉強と研究をしてみませんか?

 そして、地域に貢献する研究に取り組んでみませんか?君の挑戦を待っています!

« 【研修】グローバル・リーダー研修・他 | メインページ | アーカイブ | 【進路】進路活動 »