沖縄県立南部農林高等学校

食品加工科 トウモロコシの収穫

| コメント(0)

食品加工科

トウモロコシの収穫

去った4月30日に、昨年度の1年生(現2年生)が大切に育てたスイートコーンの収穫を行いました。

本来は、新1年生が収穫の喜びを体験する『収穫実習』を行う予定でしたが、休校が続いているために収穫適期となってしまったので、今回は先生方で収穫をすることになりました。

トウモロコシは、昼間に光合成した栄養分を夜の間に実(コーン)に糖分としてため込む働きがあるため、早朝に収穫するのがポイントです。朝を過ぎるとどんどん糖分が分解されていくので、甘みが落ちていきます。

収穫.JPG調整.JPG

食品加工科の先生達だけではなく、新1年3組の担任の先生やその他多くの先生方に手伝ってもらい、無事収穫を終えることができました。 

袋詰め.JPG真空.JPGボイル.JPG

収穫したコーンは、青果のままで袋詰めし、校内販売をしました。

先生方は大喜びで、すぐに完売しました(^o^)/

また、新1年生に試食してもらう分は、真空パックにしてボイルし冷凍庫で保存することにしました。

これまで一生懸命にスイートコーンを栽培管理してくれた新2年生!

本当にありがとう!!

新1年生は、甘くて美味しいスイートコーンを食べられる日を楽しみにしててね(^o^)

一日も早く、みなさんと会える日を楽しみに待っています。

頑張ろう世界中のみんな。

がんばろう食科から。

コメントする