沖縄県立南部農林高等学校

沖縄国際洋蘭博覧会2020ディスプレイ装飾

| コメント(0)

生活デザイン科 

沖縄国際洋蘭博覧会2020ディスプレイ装飾

ディスプレイ部門にはフラワーコース、フードコースの2,3年生6名と1年生4名による合同チームが参加しました!

実際の会場での装飾風景です。

20200129_170432.jpg20200129_120233.jpg20200130_230310.jpg20200129_172352.jpg20200130_173041.jpg20200129_203614.jpg20200130_221346.jpg20200129_140004.jpg20200129_143050.jpg20200129_160625.jpg20200129_120210.jpg20200127_175302.jpg

大型で手間暇のかかるディスプレイ、学校から何往復も海洋博に通い製作しました。

装飾の基礎基本を学び、発展として、あくまでも構想から装飾まで自分達の力で作品をつくることが出場に際しての職員との約束でした。

3年生のリーダーがみんなの役割を決め、会場での装飾のシミュレーションを二ヶ月の間、校内で取り組んできました。

20200129_172344.jpg20200129_113932.jpg

梅本典助リーダー  台木組み、蘭打ち付け係(3年フード)

金城光来乃サブリーダー 構想デザイン、ブレーン蘭配置配色係(3年フラワー)

玉城果林  ブレーン蘭配置配色係(3年フラワー)

平良柚菜 蘭受け渡し、下地コケ処理係(3年フラワー)

岩元天夢 台木組み、蘭打ち付け係(2年フラワー)

西村優次 台木組み、下地コケ処理係(2年フラワー)

神谷凜音、親川麻里愛、迎里知怜、宮平莉音 グリーン調整係(1年)

【制作風景(動画)】

会場では毎朝装飾前には円陣を組んで志気を高めます。掛け声はなぜか「ラーメン」。

20200129_104529.jpg

リーダーの指示のもと、装飾を進めていきます。時には蘭の配置でブレーンが悩んだときはみんなで蘭の向きや色をみて意見を出し合いながら問題を乗り越えました。校内でシミュレーションを行っていたため、自分達が何をするべきか明確に理解しており、スムーズに取り組めていました。

20200127_100921.jpg20200129_110448.jpg

20200129_111500.jpg20200125_162608.jpg

 

QAB「Qプラス」にも取り上げられました。 (以下リンク)

https://www.qab.co.jp/news/20200204122953.html

コメントする