沖縄県立南部農林高等学校

バイオテクノロジー部 夏研修合宿開催!

| コメント(0)

 

 

 

普段、芋の研究ばかりしているバイオ部。沖縄県大会で最優秀賞を受賞し、九州大会に出場するも惜しくも入賞ならず・・・。

その悔しい思いを晴らしたい!思いっきり夏休みを楽しみたい!

そこでバイオ部は夏休みの終わりに、一泊二日の夏合宿を行いました。国頭村の楚洲あさひの丘に宿泊しました。

大宜味村シークヮーサーパークでは、シークヮーサーの栽培から加工、販売までの6次産業の流れを説明してもらいました。(ジュースも飲ませて頂きました!ノビレチンで美容に良いらしいですよ!)

次に国頭村の比地大滝に行き、ハイキングを楽しみました!冷たい清流に足を浸して、気持ちよかったです!

夜はバーベキュー、花火、天体観測、そして遅くまで友達同士語り合い・・・

次の日の朝は、辺戸岬に行って、鹿児島県最南端の与論島を見に行きました。

最後に、国頭村安田にあるヤンバルクイナ生態展示学習施設「クイナの森」に行き、「くー太」君に会いに行きました。

つかの間の休息で心も体も休んだバイオ部のメンバーですが、新たな研究課題に向けて、着々と始動しています。

また、様々な研究発表会にも応募していこうと思っています。

農家の笑顔のために、沖縄の農業の活性化のために、これからもバイオテクノロジー部は、「ちゅらまる」の普及拡大に向けて、取り組んでいきます!


コメントする