沖縄県立南部農林高等学校

中学1・2年生対象体験入学実施しました。

| コメント(0)

 平成30年1月30日(火)中学1・2年生対象体験入学を実施しました。
 農林高校で学内容を、中学生活の早い段階で「体験してほしい」「知ってほしい」
そして、「進路選択(高校選択)」に役立ててほしいとのことから、3・4年前から
中学1・2年生を対象にした体験入学を実施していますが、今年度は実施方法を変えて、
体育館で一斉に各学科の学習内容を体験できるように体験方法を変えました。
 今年は、中学1・2年生が250名以上の中学生が南農を体験しました。
また、入学した本校の生徒の中には、英・国・数・理・社などの普通科の
学習はしない
と勘違いしている生徒がいるので、教室で、普通科目の授業
体験も行いました。
全体会の様子

 
体験入学前に、全体で南農の学科と学習内容の紹介を行いました。
普通科目
の体験コーナー

数学・社会・英語・理科・国語・農業の6科目の授業を体験しました。
中学生にとって、いつもと違った高校生が学ぶ教室で真剣に授業を受けていました。
食料生産科の体験コーナー

パンジーの鉢上げ体験と果樹の接ぎ木の実演を見学ました。
生物資源科の体験コーナー

ハーブティーの製造と牛のブラッシング体験・子豚ふれあい体験を行いました。
食品加工科の体験コーナー

パンの製造体験と、食品化学実験・発酵食品と微生物の関係についてを学習しました。
環境創造科の体験コーナー

測量体験の実施、初めてのぞくレンズに興味津々で、測量の目的・役割を学びました。
生活デザイン科の体験コーナー


ペットボトルのキャップを活用したアレンジメント、学習の成果の発表を行いました。
進路コーナー・販売コーナー

南農生の卒業後の進路紹介と、日頃、飼育・栽培管理している野菜・卵の販売も行い
ました。
  中学生のみなさん、高校は、
     「通過点です。ゴールではありません」
    「行ける高校ではなく、学びたい高校を選んで下さい」
  大切な事は、
    「卒業後の進路です」「夢を実現するために高校選択は大切です」

コメントする