沖縄県立南部農林高等学校

沖縄県国際交流員による学校訪問

| コメント(0)

H29 920日(火) 12校時 3年選択 英語表現
沖縄県文化観光スポーツ部交流推進課より、国際交流員のパク・ウンジさん(韓国)、ファルコニー・アレハンドラさん(ペルー)のお二人が出前講座をして下さいました。

朴さんは、昨年も本校で韓国文化の紹介をして下さり、今回で2度目の訪問です。今回は、韓国の食文化の紹介として、韓国の伝統菓子「茶食 タシック」を一緒に作りました。この出前講座のために、朴さんは、わざわざ韓国から材料や道具を持ってきてくれました。
 
片栗粉にごま・きなこ・はちみつ・粉茶を入れて混ぜ合わせ、それを木製の型枠に入れ、押し固めて模様を付けます。
  
ペルー出身のアレハンドラさんがペルーの文化紹介をクイズ形式で行ってくれました。沖縄に来て、びっくりしたことの一つが、雷の多さだったそうです。ペルーで雷はめったにないそうで、アレハンドラさんは来沖直後はかみなりの音がとても怖かったそうです。
 

ペルーの学校でよく遊んでいたというゲームを紹介してもらい、クラスみんなでやってみました。大盛り上がり!

沖縄に居ながらにして、異文化に触れられた時間でした。
朴さん、カムサハムニダ、アレさん、グラシアス!







コメントする