沖縄県立南部農林高等学校

【地域交流】赤土&クチャde ふぇすてぃばる in 糸満①

(2016年10月22日) 地域行事

赤土&クチャde ふぇすてぃばる in 糸満
沖縄の土&自然をカガクする

1022日(土)に糸満市西崎総合体育館にて上記のイベントが行われました。
40名の生徒がボランティアスタッフとしてイベントの開催に協力しました。


沖縄県環境部環境保全課の担当者の方と一緒に、赤土が河川に流れてしまう仕組みを
模型を利用して説明しています。

赤土を使って、化石のレプリカを作る
お手伝いをしました。子供達は真剣です!
「おきなわ赤土検定」に挑戦中のC先生。
はたして、検定合格となるか
!?

赤土流出を防ぐ為に耕作地の端などに植えられる
ベチバー
を使っておもちゃ作りをしています。
むずかしい手順を丁寧に教えていました。

ベチバーを編み込んで「馬」を作成中。
とても手が込んでいる作業で、教えてくれる人が
いないと一人で制作できません。
南農生、ありがとう!



アダンの葉で風車を作成。お兄ちゃん達が
優しく教えてくれて子供達もうれしそうでした。

赤土流出問題に関することをカルタを通して
学べました。子供達は勝負事に本気モード!

赤土が海に流れてしまうと、サンゴが死んでしまいます.
沖縄にはサンゴがあるおかげで豊かな海が広がっています。
海の生物にも直接触れる機会がありました。
「うわあっ。なまこだー」とおそるおそる触る男の子。