沖縄県立南部農林高等学校

【環境】 浜比嘉ちょうちょう園

| コメント(0)

(2016年6月8日) 環境創造科

昨年から環境工学コースでは、学科棟横のスペースにバタフライガーデン(仮称)を作ろうと計画し、オオゴマダラの食草のホウライカガミが繁茂できるようにパイプでトレリスを作製したり、種を播種して繁殖を行っています。その活動の一環で、去った6月8日の3年生が課題研究の時間に浜比嘉島にある「浜比嘉島ちょうちょうハウス」の見学に行ってきました。

ちょうど教育実習期間だったので実習中の先生も一緒に行ってきました。天気にも恵まれ、ちょっとしたドライブ気分も味わいながら到着。オーナーの大野さんの説明も聞けて大変勉強になりました。暑い中でしたが、ハウス内にはたくさんのオオゴマダラが飛び交っていて感動!幼虫もたくさん育っていて、その少しグロテスクなフォルムにビビる生徒もいましたが、これまた感動!

よ~し、皆で今日の見学で得た知識・情報を活用して、より良いバタフライガーデン(仮称)の完成を目指すぞ~。エイッエイッオ~。シーン・・・。(誰かついて来て・・・涙)

はるばる来たぜ浜比嘉島!

中はオオゴマダラでいっぱいです

見事なオオゴマダラの成虫

幼虫も元気にホウライカガミを食べています

大野さんの話も聞けました。

いつもの10倍真面目です

幼虫の育成箱。うじゃうじゃいます

最後に皆で記念撮影

ハウスの外でもホウライカガミを育成中



コメントする